Hario Radio Tower : 旧佐世保無線電信所(針尾送信所)を英語で説明しよう!

Hario-Radio Towers are in the group of Radio Transmission facilities constructed by Imperial Japanese Navy in 1922. Three towers, 136m tall reinforced concrete buildings, are said to have been constructed with state of the art technology in those days. It took 4 years and cost 1.55 million yen, equivalent to 25 billion yen now, to complete these facilities. They are one of the most valuable modernization heritages in Japan, and designated as National Important Cultural Property. The spectacular view of 3 towers is really tremendous! Let’s visit and feel it.

Address: 382 Naka-machi, Hario, Sasebo
Phone: 0956-58-2718 (Preservation Society office) /Check in advance recommended.
Access: Take Saihi bus to Saikaibashi, and get off at Takahata bus stop, then 30 min walk.
Guide: in Japanese

Inside the tower / 塔内部

大正11年(1922)に日本海軍によって建設された無線送信施設群です。中でも高さ136mの3本の無線塔は、当時の最高技術を集めた鉄筋コンクリート建造物といわれます。
4年の歳月をかけて完成した本施設には、当時155万円を費やしました。これは現在の250億円に相当します。国内を代表する近代化遺産の一つです。
国の重要文化財である針尾無線塔を一度見に行きませんか?3本の送信塔の景観は圧巻です。

住所:佐世保市針尾中町382
電話:0956-58-2718(保存会事務所)※事前確認を
交通:西肥バス「高畑バス停」下車、徒歩30分
案内:日本語

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA