「Happy New Year」 はいつまで使える?「仕事始め」は英語で何?【新年の挨拶メール 英語フレーズ】

<目次>
①「Happy New Year」はいつまで使える?
②「仕事始め」を英語で

①「Happy New Year」はいつまで使える?

Happy New Yearは、”I wish you a happy new year”の略。つまり「よいお年を」の意味です。そしてカウントダウンで年が明けた時に、 Happy New Year!と掛け声としても使われます。
【この記事もチェック】新年のあいさつ を英語で :年賀状、ビジネスメール、SNS、営業日の案内まで 【使える英語フレーズ 27選 +3テンプレート】

ネイティブに聞くと、 Happy New Year と言うのは、せいぜい1月1日までだそうです。では仕事始めにメールで新年のあいさつをする時は、なんと言えばいいでしょう?

一番使えるのは、「よいお正月をお迎えのことと思います」というニュアンスのこちらの表現。

I hope you had a happy new year.

happy をwonderfulやgreat に変え、new year をholiday season やwinter break などに変えてもいいでしょう。a refreshing holiday seasonとするのもいいですね。

I hope you had a refreshing holiday season.

I hope you had a wonderful winter break.

ちなみにメールではなく会話の場合、特にあらたまった挨拶はしません。「How was your holiday?(休暇どうだった?)」などと切り出すのが通常のようです。

②「仕事納め/始め」を英語で。

英語圏では、年の終わりや新年のスタートをそれほど意識しないため、”仕事納め(始め)”に相当する言葉はありませんが、「ことし最後(最初)の出勤日/営業日」と表現するのがいいでしょう。

The last (first) working day of the year

The last (first) business day of the year

発音はこちらでチェック

【年末年始に関する記事】

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA