【大人の異文化体験】世界が緑に染まるセント・パトリックス・デー(Saint Patrick’s Day)!|名物【緑のビール】の作り方を教えるよ

We are Sasebo E Channel, your local web media!
Restaurants, places, events… latest news from Sasebo!
佐世保発の英語と日本語のWebメディアです!
通訳者と翻訳者の監修のもと、
ランチやおでかけなど旬な情報をバイリンガルでお届けします!

皆さん、世界が緑一色に染まるセント・パトリックス・デー(Saint Patrick’s Day)を知っていますか?
セント・パトリックス・デー(聖パトリックの祝日)は、アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックの命日で、その功績を称えるイベントです。 この日は、アイルランドはもちろんアイルランド移民の多い国や地域で盛大なお祭りが開催されます。その特徴は緑の衣装を身にまとった楽団のパレードに、緑のビールにお菓子緑のライトアップ、さらには川や噴水が緑に染まる街もあるんです。 近年はアイルランドの文化を楽しむイベントとして世界各地に広がっているとか。現地でその雰囲気を楽しむのが一番ですが、今の時期、海外旅行は難しいですよね。そこでおうちでもセント・パトリックス・デーの雰囲気を味わえるように、代表的な飲み物、緑のビールの作り方を教えちゃいます!

緑色に染まったシカゴ川

【これが緑のビール!】

セント・パトリックス・デーの名物、緑のビールがこれ! このエメラルドグリーン、きれいですよね?  どんな味? 何が入ってるの?って気になりませんか? かくいうYuki先生も、飲んでみるのは初めて! そこでネットと周りの外国人の情報をもとに実際に作ってみました。

【用意するもの】

緑は単に食用色素を使う場合と、ブルーキュラソーを入れる場合が多いようでした。今回はブルーキュラソーを入れてみたよ。

金色のビール(発泡酒でも)350ml 1本
ブルーキュラソー:1ショット(30ml程度)or 緑の食用色素 数滴
レモン 1/8 個

グラスにビールを注ぎ、ブルーキュラソーを後から加えます。あとはレモンの絞り汁を加えるだけ! 簡単ですね。ビールにブルーキュラソーを混ぜる瞬間はちょっと感動します! 幻想的でエンタメ感があって◎。 ビールはかき混ぜなくても大丈夫。自然ときれいなエメラルドグリーンになりました。どうです? この緑色! きれいでしょ? オリオンビールは明るめの金色なので、色が明るめになったかも。

ブルーキュラソーはオレンジの皮を使用したリキュールのため、ほんのり甘くなりますが、甘すぎずむしろ柑橘系の風味がビールにピッタリだと思いました。レモンを入れるとさらにスッキリとした味になります。でも、ブルーキュラソーはアルコール度数が21%と高めなので、苦手な方はアルコールなしのブルーキュラソーシロップ緑の食用色素で代用するのがオススメ! ビールをノンアルにすると、お酒が苦手な人でも楽しめますよね。皆さんもぜひ今年はおうちで楽しんでみてください!

※お酒は20才になってから。未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

【もっと学ぼう聖パトリックの日】

セント・パトリックス・デー(聖パトリックの日)は日本ではまだ馴染みのないイベントですが、英語を学ぶ上ではやはり知っておいて損はありません。そこでセント・パトリックス・デーにまつわる豆知識を集めました。

・聖パトリックは、5世紀にアイルランドで初めてキリスト教を広めた司教で、カトリック教会や正教会などなど複数の宗派で聖人と認められています。アイルランドの守護聖人です。

・聖パトリックにまつわる神話でよく知られているのは、“聖パトリックがアイルランドから蛇を駆逐した”というもの。おかげで今でもアイルランドに野生の蛇はいないのだそうです。

・緑の由来については、聖パトリックがキリスト教の三位一体の教えを説くのにシャムロック(緑色のクローバーに似た葉っぱ)を使ったからという説や、アイルランドが緑豊かな「エメラルド・アイランド」だからという説があります。

・アメリカやカナダ、イギリス、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアのアイルランド移民の多い地区では特に盛大に祝われます。ニューヨークのパレードは、本国ダブリンを超えて世界最大です!

・セント・パトリックス・デーに緑の服を着てないと、みんなに”つねられる”とか。それはアイルランド民謡に出てくるいだずら好きな妖精レプリカンの仕業だそうです。

・3月17日が近づくと緑の食べ物もたくさん販売され、アメリカではマクドナルドから緑色のシェイクが限定販売されるそう!こちらをチェック

・日本でも17都市でパレードやフェスティバルが開催されているそう(2020年2月までのデータ)。最も大きな表参道の「セントパトリックスデーパレード東京」は、今年はオンラインでの開催だそうです。こちらをチェック

【その他、文化ネタはこちらだよ】

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA