【Uragashira: Former Repatriation port being changed!】 【浦頭港:戦後の引き揚げ港から世界とつなぐ港へ】

Do you know “Uragashira Repatriation Memorial Peace Park” near Huis Ten Bosch?

Along with the end of World WarⅡ, about 6.29 million Japanese people repatriated from overseas. Here in Uragashira, Sasebo, Repatriation Relief Bureau was established and 1.4 million people landed.

In 1986, Uragashira Repatriation Memorial Peace Park and Museum were constructed on the hill overlooking Uragashira port to hand down the Repatriation’s history to posterity as the local historical legacy and is open to the public to pray for the eternal peace.

In addition, 410m long quay has been constructed to welcome larger cruise ships in Uragashira. Former Repatriation port is going to be a gateway to the world next year!

※For more information:(詳しくは、こちらから)

https://www.city.sasebo.lg.jp/siminseikatu/simian/uragashira.html

太平洋戦争の終結に伴い、海外から約629万人の日本人が引き揚げ、佐世保引揚援護局があった本市浦頭には、約140万人が上陸されました。

佐世保市では、浦頭に引き揚げられた人々の足跡を郷土の歴史的遺産として後世に伝え、恒久平和を祈念するため、昭和61年に浦頭引揚記念資料館が建設され、公開されています。

また、国際観光都市佐世保をめざし、大型クルーズ船入港に向けた410mの桟橋も建設中です。来年には、引き揚げ港だった浦頭埠頭が、世界にひらく国際港になろうとしています。

#sasebo #佐世保 #echan #Eチャン #uragashira #浦頭 #hikiage #引揚 #kouen #公園

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA