【Traditional Crafts in Sasebo】Tribute to the Lord: Masterpieces of Mikawachi Porcelain | 殿様への献上品:三川内焼の名工と作品を偲ぶ

Mikawachi is a historical town where you can still see chimneys of pottery & porcelain kiln here and there. Highly skilled craftsmen once created masterpieces of pottery (porcelain)  and offered to Hirado clan as its patronized kiln. It is said that there still remain a lot of masterpieces as treasures which are closed to the public. They say they made more than two and chose better one when they offered their masterpiece to the lord of Hirado clan. Nevertheless the rest of masterpieces are tremendously wonderful. In addition, they offered their masterpieces without inscription on them because of the patronized kiln. I wish I could feel their craftsmanship at that time.

※Map to Mikawachi porcelain and other information:

https://visit-nagasaki.com/spots/detail/654

焼き窯の煙突を背景に、風情ある窯元が今も立ち並ぶ三川内町。その昔、平戸藩御用窯として献上品を作っていた名工たちの作品が、一般に公開していない秘蔵品として残っているそうです。聞くところによると、殿様に献上する際には、必ず二つ以上作り、出来が良い方を選んで献上していたそうです。つまり、今もあるのは残った方です。といってもどれも素晴らしいものばかり。また、献上品には「銘」がない特徴があります。御用窯ということで、献上品には窯の名前を入れずに献上していたそうです。当時の名工たちは、どんな思いで作っていたのでしょうか。

#sasebo #佐世保 #echan #Eチャン #mikawachi #三川内焼 #kenjohin #献上品

yjimageTDFCK4ZL

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA