【Mukyu-do: man-made air-raid shelter】 【教師と小学生が手彫りで彫った無窮洞】

Mukyu-do (literally means ”eternal cave”) is a big man-made air-raid shelter located in joma cho, Sasebo. It was dug and curved by teachers and elementary students of Miya National school at that time during the World WarⅡ. It is 5m wide, 20m deep and was capable to have 500 evacuees. Inside the cave, classroom with podium, toilets, kitchen, food storage, etc. were installed as they could have classes and daily life during evacuation. An arched ceiling of the cave is too beautiful to imagine that it was curved by little kids. Construction work continued from August, 1943 to August 15, 1945. However the site is a little far from central area of Sasebo, it’s quite worth visiting.

※For more information:

http://hasamiooen.fc2web.com/2011-report-57.html

無窮洞とは、佐世保市城間町にある巨大な防空壕です。第二次世界大戦中に、当時の宮村(現在の宮地区)国民学校の教師と小学生たちが手彫りで彫ったものです。洞内は、幅約5m、奥行き約20mで、500人が避難できたそうです。避難中でも授業や生活ができるように、教壇付きの教室、トイレ、炊事場、食糧倉庫などを備えていました。天井は小学生が彫ったものとは思えないほど美しいアーチになっています。工事は、昭和18年(1943年)8月から、終戦の昭和20年(1945年)8月15日まで続けられたそうです。

 市街地からは少し離れていますが、見学の価値ありです。

住所:佐世保市城間町3-2

電話:0956-59-2003 (無窮洞顕彰保存会)

見学:9:00~16:30

休み:年末年始

交通:西肥バスで宮支所入口下車、徒歩3分

   JRハウステンボス駅から車で5分または徒歩30分

#sasebo #佐世保 #echan #Eチャン #mukyudo #無窮洞 #防空壕 #国民学校

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA