【秘境!】Mystical Stone bridges in Sechibaru, Sasebo 世知原地区:魅惑の石橋群!

Sechibaru is the very rare concentrated area of stone bridges. 17 old stone bridges still remain.
They were constructed in the era from the end of Meiji to the beginning of Showa and most of them are still being used as residential roads. One of the biggest characteristics of Sechibaru stone bridges is mixture of two different types. The one constructed by traditional techniques since Edo era and another constructed by modern techniques introduced after Meiji era. It might be interesting to observe wall stones carefully, such as “Wa-zumi” with cubic stones and “Nozura-zumi” using unprocessed natural stones. If you are interested in bridges or pastoral landscape, Sechibal stone bridges are surely recommended. They are known to those in the know.

世知原地区は、県内でも稀に見る石橋集中域で、現在17橋が残っています。それらは主に明治後期から昭和初期にかけて架けられたもので、そのほとんどが今も生活道路として使用されています。世知原石橋群の特徴は、江戸時代からの伝統的技法で架けられた橋と、明治以降に導入された近代的な技法によって架けられた橋が混在しているところにあります。「輪積み」、「野面積み」など、壁石が異なる積み方になっている点にも注目してみるとおもしろいですよ。橋や田園風景に興味がある人にとっては、隠れた観光穴場にもなっているようです。

For more info, see Nagasaki Prefecture’s website /
さらに詳しくは長崎県のホームページ

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA